様々な種類

医療福祉現場においては制服が貸与される場合が多いのですが、そのデザインはとても豊富で専用のカタログがあるほどです。
そんな数ある中から、どのような制服が選ばれているのでしょうか。
医療福祉の現場では衛生面に気をつけて働かなくてはいけません。
病人や体の弱い方、高齢者などと接する機会がとても多いため感染病などの予防に努める必要があります。
元気な人だと重病化しないものでも、命に係わることもあるのです。
そのため衛生面に優れた制服が人気なのです。
病院などでは白色が主流ですが、これは汚れた箇所がすぐに分かるようにするためです。
また表面に付いたホコリなどのゴミが落ちやすいよう加工されたものも販売されています。
さっと払って簡単にキレイに出来るのがいいですよね。

制服にはいろんな種類がありますが、医療福祉の現場で使用されるものに関しては動きやすさも重視されます。
動いている時間がほとんどですし、立ち座りが頻回にあるため伸縮性も必要です。
汚れたら着替えるため脱ぎ着のしやすさも求められます。
機能性が大切な制服ですが、ファッション性に優れた商品もとても人気があるようです。
福祉の現場では視覚で刺激を与えるため、いろんなカラーの制服を取り入れている施設もあります。
体力勝負の仕事ですから汗も多くかきます。
女性の気になる汗染みが目立ちにくい素材を使ったものも人気があるようです。
しゃがんでも下着が見えないようにシャツの裾が長めにデザインされていたりと、ファッション性にとんでなおかつ機能的に優れているのです。