選ぶには

医療福祉の現場では、老人介護や、手術後、あるいは病気の人のリハビリなどを援助する作業などがあります。
その様な世界のファッションとしては、制服を着用する事が一般的です。
医療福祉の現場で使用されている制服については、一番は動き易いものが利用されている事が多くなります。
人に触れる機会も多くありますので、通気性がよいなどの、機能性に優れたものを使用する場合も多々見られます。
介護の現場では、お年寄りの食事を補助する場面もありますが、その際には、エプロンなどを着用する事もあります。
ポロシャツとパンツなどの、ラフなものが制服になっている場合などもあります。
現場の方針によっても違いがありますが、ある程度の統一性をもたせた衣服や制服を着用している事が多くなっている様です。

医療福祉の現場で、制服を利用する際の注意点としては、動き易さなどは勿論大切ですが、現場の状況に合わせたものを採用する必要もあります。
ポロシャツなどの場合には、最近ではカラーも豊富にありますが、ショッキングピンクなどの色合いのものもあります。
現場を明るい雰囲気にするために着用する事も考えられますが、お年寄りによっては、ケバケバしく感じる人もいますので、十分留意して選択すべきです。
また、スタッフの意見をよく聞いた上での選択も重要になります。
できるだけ、現場で勤務する人が心地よく着用できるものを、意見を出し合いながら選択する事が望まれます。
制服の場合には、チームで同じものを着用する事も多いので、上の人たちだけで決定するよりも、チームの意見を参考にすると、チームワークとしての統一感などが生まれる可能性があります。